【スノーピーク ジカロテーブル ST-050】レビュー。機能性とデザイン性に優れた囲炉裏テーブル。

【スノーピーク ジカロテーブル ST-050】レビュー。機能性とデザイン性に優れた囲炉裏テーブル。

今回レビューするのはスノーピークが出している囲炉裏テーブル【ジカロテーブル ST-050】

銀色のシルエットが美しい、幾何学的な形の囲炉裏テーブルです。
他の囲炉裏テーブルとは見た目が大きく異なります。

公式HP上の価格は35,200円(税込)。

キャンプ歴8年の僕が、次の11台の囲炉裏テーブルをすべて購入して使ったうえで、この【ジカロテーブル ST-050】を比較レビューしていきます。

ジュン
ジュン

全部使ってみたうえで、このテーブルを魅力と注意点をレビューします。

商品
ジカロテーブル ST-050


マルチファイアテーブル II
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 キャプテンスタッグ山善ロゴスコールマンロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
素材ステンレス製スチール製スチール製スチール製スチール製ステンレス製スチール製木製、スチール製木製木製木製
参考価格35,200円9,900円12,000円11,999円18,700円19,000円12,980円
※テーブル4つ合計
32,800円28,600円19,980円7,040円
購入した囲炉裏テーブル一覧

【ジカロテーブル ST-050】レビューの概要

まずは【ジカロテーブル ST-050】のレビューの概要をザックリ紹介します。

【ジカロテーブル ST-050】のメリット

・フォルムが美しくて重厚感があり、持っているだけでステータス

・奥行きがあり、普通のテーブルに近い感覚で囲炉裏を楽しめる

・テーブルの組み方が2通りあって、シーンにあわせて使い分けられる

・別売りのスノーピークギアと相性が良く、拡張性が高い

【ジカロテーブル ST-050】のデメリット

・値段が高い

・天板がステンレス素材で、傷が目立ちやすい

・収納容量が大きく持ち運びづらい

どんな人にオススメ?

・予算に余裕がある高級志向キャンパー

・スノーピーク大好き

・囲炉裏テーブルをカスタマイズして使いたい

・自動車の車載容量に余裕があって、収納や持ち運びの難点は気にならない

ジュン
ジュン

ハイクラス・ハイエンド・高スペックなテーブル。
予算に余裕があるなら挑戦してみてほしい囲炉裏テーブル!

スペック

素材ステンレス
重量約10.5㎏
使用時サイズ
(縦×横×高さ)
【焚き火台L使用時】
112×112×40(h)(㎝)
【剛炎使用時】
89×89×40(h)(㎝)
開口部の広さ
(縦×横)
【焚き火台L使用時】
60×60 (㎝)
【剛炎使用時】
37×37(㎝)
耐荷重20㎏
収納時サイズ83×17×10(㎝)
ジュン
ジュン

かなりの重量感。
そして使用サイズが2つあるのが特徴的。

【焚き火台L使用時】【剛炎使用時】 は、テーブルの組み方による形状の違いです。

テーブル真ん中の開口部の大きさが変わり、別売りのスノーピークのギア【焚き火台L】と【剛炎】が丁度収められるサイズになります。

画像の出典:snow peak


もちろん、他のメーカーの焚き火台やグリルを置く事も出来ます

組み立て後の全体感・見た目

組み立て後の写真です。

まずは【焚き火台L使用時】の形状です。

裏側

「正方形」というより、「ひし形」に近い印象を受けます。

続いて、 【剛炎使用時】の形状です。

【焚き火台L使用時】 に比べてコンパクトになっている分、食事するとき、仲間との距離が近くなりやすいです。

【ジカロテーブル ST-050】の魅力

実際に比較使用したなかで魅力的に感じた【ジカロテーブル ST-050】の魅力を紹介します。

フォルムが美しくて重厚感がある

さすがスノーピークの囲炉裏テーブル。
見た目が美しく、とても洗練された造りになっています。

他の囲炉裏テーブルとは見た目が全く異なるため、『持って行くだけでステータス』になります。

奥行きが広くて余裕がある

このテーブルは奥行きが26㎝もあります。

剛炎使用時

他の囲炉裏テーブルは大体15~20㎝程度で、ここまでの奥行きを確保しているテーブルは他にほとんどありません。

商品
ジカロテーブル ST-050


マルチファイアテーブル II
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 キャプテンスタッグ山善ロゴスコールマンロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
天板の奥行き26㎝17㎝18.5㎝、10㎝25㎝、16.5㎝15㎝17㎝15㎝15㎝17.5㎝19㎝14㎝

これにより、大きめの皿や鍋なども余裕をもって置く事が出来ます。

囲炉裏の機能を保ちながら普通のテーブルに近い感覚で使えるのは大きなメリットです。

テーブルの組み方が2通りあって、シーンにあわせて使い分けられる

この囲炉裏テーブルは、天板の組み方が2通りあって、開口部の面積を変えられます。

食事のときの仲間との距離や雰囲気も変わってくるので、その日の気分やシーンによって使い分けが出来ます。

また、4つの天板はそれぞれ独立して使用出来るので、シーンに併せて配置も自由に変えられるのも魅力です。

さらに、もう一台【ジカロテーブル ST-050】を連結させる事が出来て、大人数でのキャンプやBBQが可能になります。
(ただし2台購入したら、かなりのお値段ですが・・・)

画像の出典:snow peak

さらに、別売りの【マルチファンクションテーブル】と連結させれば、使い方の幅が広がります。

画像の出典:snow peak

でもこの【マルチファンクションテーブル】は17,050円(税込)と高価格。
これだけで、他の囲炉裏テーブルが買えてしまう価格です。

【ジカロテーブル ST-050】の注意点

このテーブルを使って感じた注意点を挙げます。

収納、運搬しづらい

収納の仕方は、4つの脚の間に天板4つを入れて、付属のカバーに入れます。
この脚の間に若干入れづらく、そしてあまり収まりが良くありません。

そして他の囲炉裏テーブルに比べて重量と収納時の容量が非常に大きいため、保管や運搬の点ではデメリットになります。

商品
ジカロテーブル ST-050



マルチファイアテーブル II
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 ロゴス コールマン 山善 キャプテンスタッグロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
重さ 10.5㎏ 9.0㎏ 6.3㎏ 6.0㎏ 5.0㎏ 4.8㎏ 4.8㎏ 8.2㎏14㎏6.2㎏5.2㎏
収納時容量50,660㎤14,110㎤16,650㎤18,700㎤20,000㎤10,985㎤ 12,251㎤ 26,000㎤32,000㎤21,542㎤27,000㎤

分厚いのでトランクに載せた時、けっこうスペースが取られます。

収納時の比較
左から、【ロゴス アイアン囲炉裏テーブル】、【コールマン ファイアープレイステーブル】、【スノーピーク ジカロテーブル ST-050】

天板の傷が目立ちやすい

天板の素材はステンレスでヘアライン加工(単一方向に細かい傷をつける加工法)を施してあって、見た目はシンプルで美しいです。

でもだからこそひっかき傷などが付きやすく、そして目立ちます

丁寧に使う人であればあまり気にならないですが、

  • 丁寧に扱う自信がない人
  • 天板のキズが気になりやすい人

には、ちょっと不向きなテーブルだと思います。

逆に、ガシガシ汚れを気にせず使える囲炉裏テーブルが欲しい人は【尾上製作所 マルチファイアテーブル II】がオススメです。

【尾上製作所 マルチファイアテーブル II】のレビュー記事はコチラをどうぞ。

個別項目評価の表

僕が購入した囲炉裏テーブルの中での【ジカロテーブル ST-050】の相対評価です。

価格
(1.5 / 5.0)
テーブルの広さ
(4.5 / 5.0)
安定性
(4.5 / 5.0)
組立てやすさ
(2.5 / 5.0)
運びやすさ
(1.5 / 5.0)
アレンジ
(4 / 5.0)
4.0以上で高評価
ジュン
ジュン

項目ごとの差が激しい、特徴のあるテーブルです。

個別項目評価

個別項目評価の表の詳細を、項目ごとに説明していきます。

価格

評価:★1.5(5満点中)

公式HP上の価格は35,200円(税込)。

さすがスノーピーク。
他の囲炉裏テーブルと比較すると、ハイクラスの囲炉裏テーブルになります。

商品
ジカロテーブル ST-050


マルチファイアテーブル II
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 キャプテンスタッグ山善ロゴスコールマンロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
素材ステンレス製スチール製スチール製スチール製スチール製ステンレス製スチール製木製、スチール製木製木製木製
参考価格35,200円9,900円12,000円11,999円18,700円19,000円12,980円
※テーブル4つ合計
32,800円28,600円19,980円7,040円

ハイエンド志向で他の人と一線を画したいキャンパーにはオススメです。

テーブルの広さ

評価:★4.5(5満点中)

天板の合計面積は6,117㎠。
他の囲炉裏テーブルと比較すると、かなり広いです。

さらに奥行きもトップクラス

商品
ジカロテーブル ST-050


マルチファイアテーブル II
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 ロゴス コールマン 山善 キャプテンスタッグロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
天板の面積6,117㎠ 5,644㎠ 4,558㎠ 5,576㎠ 7,145㎠ 3,448㎠ 3,720㎠ 3,695㎠ 6,142㎠4,759㎠4,848㎠
天板の奥行き26㎝17㎝15㎝17㎝25㎝、16.5㎝18.5㎝、10㎝15㎝15㎝17.5㎝19㎝14㎝

囲炉裏テーブルでありながら普通のテーブルに近い使い方も出来る囲炉裏テーブルです。

安定性

評価:★4.5(5満点中)

さすがスノーピーク。つくりは精工で、安定性はかなり高いです。

脚部分が細くて一見不安定にも見えますが、特にグラつくような事はありません。

組み立てやすさ

評価:★2.5(5満点中)

組み立て時間の目安:3分半(1人で組立ての場合)

他の囲炉裏テーブルに比べて若干組立て時間がかかりますが、それほど大きな差ではありません

商品
ジカロテーブル ST-050


マルチファイアテーブル II
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 ロゴス コールマン 山善 キャプテンスタッグロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
組立所要時間
めやす
(1人で組立)
3分3分2分半2分半3分1分1分2分7分2分2分

天板同士をネジで連結して、それぞれの天板に脚をはめるだけですので、組立て方はシンプルです。

天板裏側

持ち運びやすさ

評価:★1.5(5満点中)

重さは10.5㎏と、囲炉裏テーブルのなかではかなり重い部類です。

さらに収納時の容量は50,660㎤と、圧倒的に他の囲炉裏テーブルより大容量です。

商品
ジカロテーブル ST-050



マルチファイアテーブル II
レビュー記事

アイアン囲炉裏テーブル
レビュー記事


ファイアープレイステーブル
レビュー記事

タフライトファイアープレイステーブル
レビュー記事


ファイアグリル テーブル
レビュー記事

囲炉裏ラックテーブル
レビュー記事

アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL
レビュー記事

木製ヘキサグリルテーブル
レビュー記事

プライウッドヘキサゴンテーブル
レビュー記事

木製囲炉裏テーブル
レビュー記事
メーカースノーピーク 尾上製作所 ロゴス コールマン 山善 キャプテンスタッグロゴスロゴスキャプテンスタッグハイランダーフィールドア
重さ 10.5㎏ 9.0㎏ 6.3㎏ 6.0㎏ 5.0㎏ 4.8㎏ 4.8㎏ 8.2㎏14㎏6.2㎏5.2㎏
収納時容量50,660㎤14,110㎤16,650㎤18,700㎤20,000㎤10,985㎤ 12,251㎤ 26,000㎤32,000㎤21,542㎤27,000㎤
収納時の比較
左から、【ロゴス アイアン囲炉裏テーブル】、【コールマン ファイアープレイステーブル】、【スノーピーク ジカロテーブル ST-050】
厚みがけっこうある。

車のトランクの容量を圧迫するうえ、現地での運搬もしづらく、持ち運びやすさについては不利です。

アレンジ性

評価:★4(5満点中)

次の3つの理由からアレンジ性は高いです。

  • 2通りの組み立て方が出来シーンや真ん中に置く焚き火の形状に合わせられる。
  • 【ジカロテーブル ST-050】をもう一台購入すれば連結出来る
  • 別売りの【マルチファンクションテーブル】と連結することで拡張性が更に高まる。

また、4つの天板はそれぞれ独立して使用出来るので、シーンに併せて配置も自由に変えられるのも魅力です。

総評

【ジカロテーブル ST-050】はハイエンド志向の囲炉裏テーブルです。

デメリットは高価格帯であること。
そして重さと大きさゆえ、運搬・保管が大変なこと。

メリットはかなり大きめで奥行きがあるので、囲炉裏テーブルでありながら普通のテーブルに近い使い方が出来ること。
そしてもう1つのウリポイントはアレンジ・拡張性が高いこと。

お金に余裕がある。他のキャンパーとは一線を画したい!という高級志向のキャンパーには是非挑戦してみてほしい囲炉裏テーブルです。

逆に『普通の囲炉裏テーブルで良い』という人は、
コールマン ファイアープレイステーブル
ロゴス アイアン囲炉裏テーブル
あたりがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA