【小田急山中湖フォレストコテージ】キャンプ紀行。新緑の映える5月ソロキャンプ!

広告

【小田急山中湖フォレストコテージ】キャンプ紀行。新緑の映える5月ソロキャンプ!

キャンプ歴8年、最近はファミリーキャンプがメインのジュンです。

妻と娘が実家へ帰省中、山中湖方面に一人キャンプに行ってきました。

ジュン
ジュン

今回はソロキャンプ

最近はファミリーでのキャンプが多く、設備の整った高規格なキャンプ場をよく利用してます。
今回はそんな高規格キャンプ場の下見も兼ねて、「小田急山中湖フォレストコテージ」にソロキャンプでお邪魔してきました。

「小田急山中湖フォレストコテージ」は、どんなキャンプ場?

今回泊まったキャンプ場は、関東首都圏からもアクセスしやすい山中湖にある「小田急山中湖フォレストコテージ」。

名前に「コテージ」と入っていますが、コテージ以外にもテントサイトも充実しているキャンプ場。
高規格で風呂やトイレが綺麗なのはもちろん、林間と湖の2つのロケーションが備わった、快適さと景観を楽しめるキャンプ場です。

ジュン
ジュン

今回は天候に恵まれ、朝の湖から「逆さ富士」が見られました。

キャンプ体験記

1泊ソロキャンプの記録を小田急山中湖フォレストコテージの紹介とともに書いていきます。

1日目

9:30 自宅出発

自宅出発。

いつもは子が居てあわただしく、道中で昼食をとってキャンプ場に到着しますが、今回は気楽なソロキャンプ。早めの出発が出来たので、道中で昼食を取らずにキャンプ場を目指します。

ジュン
ジュン

いつもどおり、食材の下ごしらえは前日に済ませておきました。

キムチ鍋の具材。キャンプ前日にカット

11:15 キャンプ場到着・チェックイン

「小田急山中湖フォレストコテージ」のチェックインは昼の12時からでしたが、11時に到着。アーリーチェックインの予約は事前に済ませてありました。

ジュン
ジュン

アーリーチェックインは前日までにキャンプ場に連絡する必要があります。

受付棟の外観・内装ともに高級感あり!テンション上がります⤴

調味料や食料品
レンタル品もかなり充実
薪や炭も。このキャンプ場なら「手ぶらキャンプ」も出来そう
最近流行り(?)の「ど冷えもん」

キャンプ場のルールや注意事項の説明を受けて、本日泊まるサイトへ車で移動します。

キャンプ場内の道は片道一方通行。VOXY(ヴォクシー)で「少し狭いな・・」と感じたくらい。とはいえ地面は整備されているため、そこまで車の移動は大変ではありません。

11:30 設営

今回泊まったサイトは2人以上用の「森林オートキャンプサイト AC電源なし」。

できれば小さめの「ソロ用サイト」が良かったのですが、既に予約いっぱいでした。天気予報を見ながら2日前に予約したので仕方なし、ですね。

今回泊まった№41は一部傾斜が強め。

テントを設営する場所はフラットでしたが、車を停める場所が傾斜になっていて、少し停めづらかったです。他のサイトを見て回ったところ、41以外はどこもフラットでした。運が悪かったかな?

今回使用したキャンプギア
テント:ツーリングドームLX(コールマン)
タープ:ミニタープHX(モンベル)
イス:チェアツー(ヘリノックス)
テーブル:アルミロールテーブル(キャプテンスタッグ)、囲炉裏ラックテーブル(ロゴス)

1時間ほどで設営完了です。

何気に優秀だったのが、ロゴスの囲炉裏ラックテーブル。


メインテーブルと繋げて面積を広げるも良し、イスの横に置いてサイドテーブルにするも良し。2つ重ねて「2段ラック」として使うのも良し。

ジュン
ジュン

小回りが利いて、ソロキャンプには便利なテーブル。

≫ 囲炉裏ラックテーブルのレビュー記事はコチラ

12:30 散策

設営が完了したところで、昼食前に軽くキャンプ場内を散策します。
梅雨前の5月下旬。新緑の爽やかな風が吹く林間キャンプ場。歩くだけで来た甲斐あったなぁ。と感じます。

木が多くてプライベート感の強いキャンプ場という印象。ソロキャンプや少人数キャンプで静かに過ごすのに向いてる感じですね。

水場は今回宿泊したサイトから、歩いて1分。
キッチン棟も完全室内の小屋になっていて、とても清潔でした。

「新築住宅?」と勘違いするほど立派なトイレ棟。

網戸付きで、虫対策も万全です。

キャンプ場の奥の方にあるテラス付きコテージ。

雰囲気の出る外観。今度は家族で泊まりたい!


こちらはデイキャンプ場と水場。

簡素な造りですが、ディキャンプなら十分な設備って感じです。屋根もあるので、雨でも問題なし。

13:00 昼食

散策後、少し遅めの昼食。
メニューは、スーパーで購入したレトルトカレーです。

「サトウのご飯」とハンバーグとお湯で温めて

皿に乗せて、ハンバーグチーズをトッピングして10分くらいで完成。

ジュン
ジュン

キャンプ飯は「時短」が僕の中では基本です。

14:00 散策

食事を終えて、少しまったりした後、ふたたびキャンプ場内を散策。
今度は湖の方を見に行きました。


少し曇ってて残念。晴れなら、富士山と併せて良い景色になりそうです。

湖上ではジェットスキー。

小田急山中湖フォレストコテージでは水上のアクティビティはやってないので、キャンプ場以外での申し込みが必要です。

テントに戻る途中、受付棟の売店に寄りました。
売店内に山中湖周辺のオススメスポットの掲示板を発見。

ふせんを貼って見やすく、位置とスポットの感想がひと目でわかります。このあと、気になるスポットにgooglemapで調べて立ち寄ります。

テントに戻り、ひと眠り。

5月の森林のなか、ハンモックで寝たいところですが、持ってないのでテント内で昼寝。こんなときはハンモックが欲しくなる・・。

15:30 風呂

小田急山中湖フォレストコテージは風呂が15時~18時までと、かなり早く終了してしまいます。

夕方になると混むかもと思い、まだ昼ですが早めに入りに行きます。

風呂は受付棟内にあります。受付奥が通路になっていて、通路もおしゃれ。

さすがにこの時間だけあって、かなり空いてます。

脱衣所。キャンプ場の風呂としてはかなりキレイ
空気清浄機と暖房機?冬でも快適に風呂に入れそう
窓が開けられたら、けっこう良い景色っぽい。けどハチが入るリスクがあるので開けられず


広めの湯舟に一人風呂。時間も気にすることなくリフレッシュ。最高ですねー。このためにキャンプに来ました!

風呂上り、とくにすることも無し。小田急山中湖フォレストコテージがやってる自転車レンタルをしてみようかな?


と思ったけど、風呂上りに汗もかきたくないので却下。風呂前に行けばよかったな。

16:30 ドライブ

夕食まで時間があるので、山中湖をぐるっとドライブ。
小田急山中湖フォレストコテージから対岸にある「長池親水公園」に立ち寄り。


富士山と山中湖のキレイな写真を収めようと思ったけど、あいにくの曇り空。

山中湖と富士山

晴れた日ならかなりの絶景スポットになりそうな予感です。
ついでに、キャンプ場の受付棟にあった「山中湖周辺のオススメスポットの掲示板」で紹介されていた、「長池精肉店」でお肉を買おうと立ち寄り。

地元の精肉店という感じの「長池精肉店」。車で行くとかなり道が狭いようなので、長池親水公園に少し車を停めさせてもらって、歩いて向かいます。徒歩3分ほど。

お店は17時までのようで、到着した時には販売終了してました。残念。この精肉店、地元の客だけでなく、近くのキャンプ場や別荘のニーズがあるようです。

あたりも暗くなってきたので、山中湖をぐるっと一周してキャンプ場に帰ります。

18:00 夕食&焚き火

あたりも暗くなってきて、夕食の準備を開始。
ウチのキャンプでは鉄板の鍋料理。今回はキムチ鍋です。

自宅で切ってきた食材、鍋の素、水を鍋に入れて、コンロで煮るだけ。


あとは美味しく仕上がるまで飲みながら待ちます。

焚き火の準備。焚き火台を忘れたので、受付棟でレンタルしました(800円)。

最近ハマってるブッシュクラフトで火起こしします。

せっかくの松林なので、近くに落ちてた松ぼっくりも使用。


火が安定したころ、鍋も完成。

間違いないやつが出来ました。
海鮮キムチ鍋。


間違いない。このためにキャンプに来ました!(2度目)

具を食べ終わったら、これも定番のキムチチーズリゾット。

トロトロチーズがヤバウマでした✨

2杯目のハイボールをおつまみとともに、いただきます🙏

気づけばいつの間にか20時半。至福の時は時間が経つのが早く感じますねー。

鍋と食器を洗って、焚き火の強さを最小限に。

小田急山中湖フォレストコテージのサイレントタイムは21時。これ以降は音と光を最小限に、焚き火の残り火をいじりながら、チマチマお酒とおつまみを楽しみます。

22:30 就寝

片付けと明日の朝食の支度を済ませ、歯も磨いてテントに潜り込みます。
時間は22時25分。けっきょくいつも、このくらいの就寝時間になっちゃうんですよね。

テント内の室温は14.4℃。少し肌寒いくらい。

チョットだけ、PCで作業してから寝ます。

キャンプでパソコン。このアンバランス感がけっこう好きです。(共感できる人、いるかなー?)
テント内で出来る用のイスとテーブルを買おうかな?と本気で考えたり。

一度、4時半に目を覚ました時の室温は11℃。
ハイグレードの寝袋(モンベルのダウンハガー#1)を使ってるので、Tシャツ短パンでも暑いくらいでした。

2日目

6:30 起床&散策

5時くらいから、鳥の鳴き声と朝日の明るさで一度目を覚ましますが、キャンプでは枕元に常備してる耳栓とアイマスクで二度寝。
テント内を軽く片付けてから、朝のキャンプ場を散策します。

天気が良いので湖へ。

期待通り!青空と綺麗な「逆さ富士」が見れました!

このためにキャンプに来ました!(3度目)
桟橋から撮った、逆さ富士。

7:00 片付け&朝食

朝食の前に、テントやタープを先に片づけました。

天気も良くて開放的な気分。
朝食は、いつものホットサンドとコーヒー。


ホットサンドにコーヒー、鳥のさえずりに新緑から降り注ぐ朝日。これ以上求めるものは、ありません。


朝食をとりながら、しばらくキャンプ場の朝を感じながらまったりします。

8:30 撤収作業

一息ついたところで撤収作業。といっても、残りはイス・テーブル・小物のみ。
サッと片づけて歯を磨いて、30分ほどですべて完了です。

ゴミ捨て場はこんな感じ。

灰捨て場

9:30 チェックアウト

チェックアウトはファイルを渡して完了。次は湖畔サイトにも泊まってみましょうか。
駐車場で、次の目的地をナビにセットして出発。

11:00 Retreat camp まほろば

帰り道の道中に寄ったのは、6月に泊まる予定の「Retreat camp まほろば」。帰り道の途中だったので、少しだけ寄り道して事前下見。
スタッフさんに下見して良いか尋ねると快諾。写真も撮らせてもらいました。


高低差を利用した、景色の良いキャンプ場って感じです。
予約しているサイトは「Mt.Fujiオートサイト」。富士山の眺望が楽しめるサイトです。

天気が良ければ絶景!・・・天気が良ければ。梅雨シーズンのなか、娘にテルテル坊主の作り方を教えようかと思います。

旅の総評

今回は初めてのソロキャンプ1人旅。キャンプ自体は何度も行ってたので不安はなかったけど、意外と「侘しさ」を感じました。
とは言え1人で時間を気にせずお風呂や焚き火、食事をマイペースで楽しめるのも、やっぱりソロキャンプの魅力ですね。

今回泊まった小田急山中湖コテージ。

ペットOKのキャンプ場で、ペットの鳴き声が少し気になりましたがキャンパーさんのマナーも良くて、ソロキャンプの雰囲気を十分に満喫できました。

高規格キャンプ場は、キャンパーさんのマナーが良い点も魅力ですねー。
今度来るときは、家族で湖畔サイトに泊まってみたいと思いました。

この記事について、ご質問やご意見がございましたら、下記フォームよりお問い合わせください。